愛しい君よ、ジャニーズでいて

題の通りだ。以下は1個人の感想です。

 

 

愛しい君よ、ジャニーズでいて。

 

 

君にはジャニーズで輝いてほしい。

 

 

近くて遠くて絶対に手の届かない、別の世界に住んでいて、だけど同じ世界に住んでくれる君でいてほしい。

 

 

 

 

私はいわゆるどこにでもいる一般的なジャニオタで、普通に暮らしている。

元々ジャニーズアレルギーだったが、大好きな自担を見つけることができ、無事オタクに。

 

男性アイドルといえばジャニーズだった。

もちろん、人気のある方々もいらっしゃったが飛び抜けているのはジャニーズだったと思う。

 

しかし、現在様々なアイドルが出てきている。

AKBなどの女性アイドルや、2次元やゲームの世界でも(詳しくないのでわからないですがアイマスは昔からあったが男性アイドルのものは私はあまり聞いたことがなかった。)男性アイドルが増えてきたように感じる。

 

ジャニーズを見ることができるのは紙媒体、もしくはテレビ放送だ。

 

しかし、パソコンやスマホの普及によりネットはさらに発展し、SNSで個人が簡単に情報を発信、収集し、より世界中の誰とでも繋がりを容易に持てるようになった。(と思う)

私も当たり前のようにツイッターをやっていたし、同じ趣味の人と繋がるのはふつうのことだと思っていた。

 

ジャニーズはこのネットやSNSの発展に、つまり「時代の流れ」に流されず、現在も紙面もしくはテレビで活躍している。

(これはジャニーさんの意向だった気がするがうろ覚えなので詳細不明)

 

 

 

この「ジャニーズが活動できないネット、SNS」で情報を発信し着実にファンを増やしいてる男性アイドルグループが増えているような気がする。

 

私はジャニーズ以外の男性アイドルグループも、自分の興味のないジャニーズのグループ、ユニットも「へ〜」という感じ。

もちろんみなさんも自分の興味関心の低いものはこんな感じだろうと思いますが。

 

だから特別に「アイドルとSNS」になにか思うことはありませんでした。

 

 

 

 

 

しかし、ジャニーズ事務所を辞めた子がSNSをはじめたのを見ると何か「あぁ…」というなんとも言えない気持ちになります。

 

 

あまり見たくないような、本当にジャニーズではなくなってしまったんだというような…

悲しいとも寂しいともなんとも言えない、表現できない気持ちになります。

 

 まるで魔法がとけてしまったみたい。

 

 

 事務所をやめたのだからSNSをするのは個人の自由ですからやいやい言うものではないと思うのでいままで誰にも言ったことはなかったですが…(もちろんこれからもやいやい言うつもりは全くございません。)

 

 

 

 

 

そこで初めて気が付きました。

 

 

 

 

 

私は手の届きそうなのに届かない、ステージで輝いてくれるアイドルな君が好きなんだなと

 

 

ツイッターは私のホームな訳で、そこにポンと好きなアイドルが来られると、距離が近すぎて混乱する。

見えてしまいすぎる。

同じ土俵に、彼らにいてほしくない。

 

同じ人間に見えないのに、同じ人間であることがわかる、その感覚がジャニーズにはある。

初めてちかくでジャニーズを見た時「よくできた3D映像みたいだった」という意味のわからない発言をしてしまったが、本当にこれに限ると思う。

 

 

ライブや舞台の機会にしか生で見ることはできず、その時にだけ「存在しているんだ、自分と同じ世界に」

という感情を持たせてくれる。

 

 

 

"非実在なのに実在している"

 

 

 

 

ジャニーズはそこが強い。

 

 

彼らはこの世に確かに実在しているんだけれどもジャニーズという事務所にいる限り、非実在のような、夢のようなキラキラ輝いた舞台にだけ存在するかのように錯覚をしてしまう。

 

 

 

ここまで話をすると、私は自担を天使か何かかと勘違いしてるのではないかと思う。

 

でもアイドルにとってその勘違いが大切だと思う。

 

 

「ファンの前では100%の光を見せて」

 

 

苦労や不安を見せず、ファンの前で軽やかに笑ってくれる。

普通に学校へ行ったり、働いたり、つらい思いをしたり、ご飯作ったりして日々の生活を乗り越えているファンを一瞬で夢の世界に連れて行ってくれる。

私なんかは自担がファンを「お姫様」にしてくれることも多いので、その時だけ、その一瞬だけはこんな私でもお姫様になれてしまう。

夢のような君だからこそ、素直に「かっこいい」「かわいい」「好き」と言える。

 

 

 

 

アイドルは魔法をかけてくれる。

応援してくれるファンなら誰でも。

 

 

 

 

 

私は自担が事務所を辞めたことがないので、想像をすることしかできないけれども、自担にはジャニーズのアイドルとして輝いてほしい。

もちろん事務所にはきっと色々あるだろう。

 

 

その「色々ある」事実がファンにもはっきると見えることも多い。(例えばユニット編成等)

 

 

しかし、本人たちはそれを決して口にしない。

 

 

 

 

私達の前では笑って輝いてくれる。

だから私は君の進む道を応援している。

誰かが決めたのか、はたまた君がえらんだ道なのか、それはわからないけれど、君が進んでいくならばその道をずっと応援し続ける。

 

 

話は少しそれてしまったが、

このSNSの時代になり「ジャニーズであること」が私にとってとても大きい価値であることに気づいた。

 

 

ずっと、私に魔法をかけてほしい。

ずっと、ジャニーズという魔法に かかっていてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

ずっと近くて遠い、君でいて。

 

 

 

愛しい君よ、ジャニーズでいて。